意外と女性に多い爪水虫

意外と女性に多い爪水虫

水虫と言えば男性、男性と言えば水虫ではないですが、男性はサラリーマンでずっと革靴を年中履いているので水虫になりやすい、ほとんどが水虫経験者というデータもありますが、実は女性にも最近増えているのです。しかも、水虫もそうですが、爪水虫です。

 

女性も冬にタイツ、靴下、ロングブーツなどを履くようになり、水虫になっても気づかず、そのまま爪水虫になっている女性も多いそうですよ。
爪水虫になれば、女性なら夏のサンダルやミュールを履いて、おしゃれなネイルで外出したいところですが、それができなくなります。

 

貴方の爪は爪水虫になっていませんか?まず自分の爪の形状がおかしくないか、表面の凹凸が激しくないか、変色していないか、ボロボロと崩れてきていないか?

 

これらの項目をチェックして、一つでも当てはまるようなら、まずは医療機関で爪水虫かどうかを検査した方がいいと思います。
なぜなら、爪水虫は水虫と同じ、白癬菌が爪に入り込んで感染している病気なのですが、痒みがありません。

 

普通の水虫は痒いのですぐにわかりますが、爪の場合にはわからないので、放置しがちで、冬は黒いタイツにブーツを履いていて、お風呂上りも靴下をはけば、自分の爪をじっくり観察する時間などないのではないでしょうか?

 

爪水虫を放置しておくと、歩くときに痛みが出る重症となる場合もありますので、なるべく早くチェックして、もし爪水虫なら治療を開始しましょう。
ただし、女性の場合は難しいのが、妊婦と授乳中の女性には処方薬はNGだということです。

 

妊娠する予定がある、妊娠中、授乳中の女性なら、市販の天然成分だけを使っている爪水虫対策用品がありますので、それで爪水虫の原因である白癬菌を退治しましょう。

 

医薬品でない爪水虫対策品としては、ティーツリー精油を使って、やすりで白癬菌が感染している爪を削りながら、治療していく「爪水虫対策キット」や、竹酢液という昔から民間療法で感染症に使われてきた主成分で白癬菌を退治する「クリアネイルショット」などがあります。

 

普通に薬局で販売している水虫の薬もありますが、爪水虫専用でなければ効果は半減しますので、くれぐれもご注意ください。
なぜなら、同じ白癬菌でも、爪に入り込んでいるものと、皮膚に存在しているものとでは、薬が浸透するかどうかによって白癬菌を根治できないこともあるからです。
市販の医薬品で爪水虫専用の薬も効果はちゃんとあるでしょうから、自分に合いそうなもの、継続できそうなものを選ぶようにしましょう。

 

治療を始めても治るまでの継続期間は1年前後と長くなりますので、それを考えると継続できそうかどうかというのは大きなポイントとなります。

 

⇒爪水虫クリアネイルショットの公式サイトはこちら