イトリゾールで爪水虫は治る?

イトリゾールで爪水虫は治る?

イトリゾールは水虫と爪水虫用の内用液です。つまり、水虫や爪水虫用の飲む薬なのですが、イトリゾールは副作用がたくさん報告されているので、子供や妊婦、授乳中の女性に処方はできないようになっています。

 

ただ、ハーブで言えばティーツリーのような強力な抗菌や抗真菌作用のある成分なので、イトリゾールは爪水虫にも効果抜群なのです。副作用としては、胃の不快感、胃痛、めまい、吐き気など、色々とあります。

 

身体の中の良い菌まで退治しそうで怖いですよね。そして肝機能に障害を与える可能性のあるイトリゾールですから、処方されたとしても、肝機能が落ちていないかどうか定期的に血液検査をするそうですよ。

 

もしイトリゾールを飲んで爪水虫が治ったとしても、肝機能が落ちて内臓の病気になったらあまりよろしくないと思いませんか?特に男性ならアルコールがあまり飲めない身体になってしまいます。

 

そこで、水虫や爪水虫対策にイトリゾールを処方する場合、1週間服用して3週間は飲まないなどの方法を採用している病院もあるようです。
つまり、集中的に1週間白癬菌を死滅させ、三週間身体を休めてもらい、その間は塗り薬で白癬菌を抑え、その後にまたイトリゾールで白癬菌を集中的に退治するというのを3クールぐらい繰り返して、短期集中で水虫や爪水虫を治すのがあるそうです。

 

内用液ですから、水虫にも爪水虫にも効果はありますが、ちょっときつい薬なので、サラリーマンにはきついかもしれません。
あとは女性でもホルモンバランスが崩れやすい更年期などはやめた方が良いと書かれている文献もあります。きつい薬は毒にもなりかねませんので、安全を取るなら、確実にティーツリー精油配合品の医薬部外品=化粧品扱いの塗り薬でしょうね。

 

実際に市販されている爪水虫のランキングをネットで調べると1位が「クリアネイルショット」2位が「Dr. G’sクリアネイル」3位「エフゲン」4位「エクシブ」となり、最初の二つは医薬品ではありません。

 

抗菌、抗真菌作用のある天然の成分をたっぷり配合した爪水虫専用のジェルなのです。
3位と4位は普通の水虫用でかつ爪水虫にもどうぞという薬なので、爪水虫専用は上位2つだけなのですね。

 

しかも二つとも通販しかありません。水虫も爪水虫も治すのに時間がかかるのは皆さんご存知だと思いますが、無事完治したとしても、その後は少しの間は様子を見るために薬を塗り続けた方がいいと思いませんか?

 

なぜなら、靴に白癬菌がいるかもしれませんし、家の中に自分がばらまいた白癬菌が残っているかもしれないですよね。
そう思えば、爪専用の1位2位の医薬品でない天然成分の長く使っても副作用のないものが良いと思いますよね。