厚くボロボロ崩れる爪

厚くボロボロ崩れる爪

爪が厚くなり切るに切れない状態になったり、切ろうとしたらボロボロと崩れてしまう状態になってしまったりと、爪水虫になるとそのような状態になります。

 

爪って水虫になるの?って思う人も多く、多くの人がこのような症状になるまで気づかないで放置していたり、このような症状になっても放置していたりと放置する人が多いです。

 

爪水虫になる前にならないようにすることです。

 

足を清潔に保つ
足全体を清潔に保つことで水虫の菌の繁殖を防ぐことが出来ます。
洗うのはもちろん、洗った後は良く拭いて乾燥させる。
蒸れたり、濡れたままにしていたりしている環境は水虫にとって快適な環境になってしまいます。
共用施設でのスリッパ、足ふき場に注意
これらの共用は水虫菌がうつる原因となります。

 

銭湯や温泉での湿った足ふき場は、どのような足の人が踏んでいったのかわかりません。
湿った環境になりやすいものであり、水虫菌の繁殖が多い場所となっています。

 

スリッパも同じで、抗菌されていないものは水虫菌が繁殖されていると思って良いと思います。
これらの物の使用を避けるようにしましょう。

 

水虫菌が移ってしまったのかなどは症状が出ない限りわからないので、症状が出る前に防ぐ、そして菌を繁殖させないことが大切です。

 

⇒爪水虫クリアネイルショットの公式サイトはこちら